}

eスポーツタイトルLoL パッチ7.12が配信開始 サポートアイテム調整、ドランシールド弱体化

世界的なeスポーツタイトルの一つ、League of Legends(以下、LoL)にてパッチ7.12が配信されています。パッチ7.12ではジークハービンジャーがリワークされ、多数のサポート向けアイテムの調整が実施。新チャンピオンやチャンピオンアップデートこそないものの普段通りチャンピオンの調整やバグの修正なども行われており、またパッチ7.12期間中にリヴェンとヤスオのレジェンダリースキンが登場するそうです。

引用元:League of Legends

パッチ7.12

Riot Gamesが開発・運営を行っているMOBAタイトルLoLにて、パッチ7.12が配信されました。
今回のパッチでまず目を惹くのはサポートアイテムの調整です。

パッチノートによれば、サポートアイテムは現在「ソラリのロケット」と「リデンプション」の組み合わせが強く、サポートはこのセットの購入を強いられている状態である為、この2つのアイテムに変更を加えて相性を崩すと共に、他のアイテムとのシナジーを強化したとのことで、「ソラリのロケット」はシールドの基本値が低下した代わりに使用者の増加体力に合わせてスケールするようになり、最大で434の基本値に加えて増加体力の36%分のシールドが付与されます。「リデンプション」は、体力の増加量が300から200に減少し、発動時の回復量が最大490から370に低下、代わりにリデンプションの回復量に対する回復増幅効果は3倍適用されるように変更されました。

また「ジークハービンジャー」がリワークされ名前が「ジークコンバージェンス」に、ステータス面での調整に加えアイテム効果に変更があり、所持者がアルティメットスキルを使用した際、自身の周囲に氷の嵐を発生させ敵にスロウを付与し、近くの味方が追加ダメージを与えるようになるなど、大きな変更が入っています。ほかに、超越のタリスマンがコスト低下、騎士の誓いにCDRが付与、ライチャスグローリー及びアテネの血杯も調整されており、サポートアイテムは軒並み調整されていることになります。

パッチ7.12ではサポートアイテムの調整以外にも、ドランシールドのコストがポーション1個分増加したり、カミールやコーキに対する強化や、ザックの弱体化を含む13のチャンピオンに調整が加わるなど、多くの調整が行われています。また7.12期間中には「秩序の光リヴェン」と「混沌の闇ヤスオ」の対となる2つのレジェンダリースキンが実装され、混沌と秩序のVSイベント実施が予定されているようです。

引用元:League of Legends

パッチノート7.12
http://jp.leagueoflegends.com/ja/news/game-updates/patch/patch-7120-notes

多数のサポートアイテムに変更が入っている中、最近流行りの「アーデントセンサー」には変更が入っておらず、この変更でどういう環境になっていくのか気になりますが、まずは名前も変わった「ジークコンバージェンス」とAPが上がるようになった「アテネの血杯」で遊んでみたいです。

参考サイト
http://jp.leagueoflegends.com/ja/news/game-updates/patch/patch-7120-notes

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る