オーバーウォッチのアマチュアeスポーツ大会「オーバーウォッチ・オープン・ディビジョン」がスタート 日本は未開催

ライバルプレイでスキル・レート3,500以上のプレイヤーを対象にしたeスポーツ大会「オーバーウォッチ・オープン・ディビジョン」がスタートします。最初のシーズンが行われるのは7月3日から、前シーズンで条件を満たしていることで参加可能なオープントーナメントで、公式戦を完了したプレイヤーには10ドル分の報酬が与えられるそうですが、現時点で日本は開催地域に含まれておりません。

引用元:Overwatch 公式サイト

オーバーウォッチ・オープン・ディビジョン

Blizzard Entertainmentは同社の運営・開発しているFPSタイトル「オーバーウォッチ」にて、マスターランクのプレイヤーを対象としたオープントーナメント「オーバーウォッチ・オープン・ディビジョン」を発表しました。「オーバーウォッチ・オープン・ディビジョン」は、前シーズンでライバルプレイのレートが3,500以上になったWindows版のプレイヤーがチームを作ることで参加できるトーナメントで、高いスキルを持つプレイヤー達を結び付け、世界で活躍する機会を提供することを目的に開催されます。

このトーナメントに参加すると、公式戦を完了したチームのプレイヤーには10ドル分のBlizzardバランスが報酬として付与され、プレーオフに進出したプレイヤーには更に多くの報酬が用意されているそうです。また、将来的に「オーバーウォッチ・オープン・ディビション」の勝者には「Overwatch Contenders」へ参加する機会が与えられます。最初のシーズンが開催されるのは7月3日からですが、現在の開催地域は西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、北米、ラテンアメリカのスペイン語圏、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、東南アジアで今回の開催地域に日本は含まれておりません。発表によれば開催地域が追加される予定はあるそうなので、日本から「オーバーウォッチ・オープン・ディビジョン」へ参加したいプレイヤーは次シーン以降での開催に期待しましょう。

©2016-2017 BLIZZARD ENTERTAINMENT, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

オーバーウォッチ・オープン・ディビジョン ティザーサイト
https://playoverwatch.com/ja-jp/esports/open_division

マスターランクに到達したプレイヤーのみを対象としたトーナメントという試みは興味をそそられますが、日本が開催地域に含まれていないのが残念です。日本から参加したいプレイヤーの方は、ライバルマッチのレートを上げて開催地域に追加された時に備えましょう。

©2016-2017 BLIZZARD ENTERTAINMENT, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

参考サイト
https://playoverwatch.com/ja-jp/esports/open_division
https://playoverwatch.com/en-us/blog/20853470
https://www.gamespark.jp/article/2017/06/15/74077.html

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

NEW

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る