【一つ目戦記】第22回 ソルジャー76とは?その3

こんにちは。CYCLOPSOSAKA Overwatch部門所属のSa1nt(@Sa1nt__)です。

今回は前回話せなかった僕だったらこう動くかな?という立ち回りについて話していきたいと思います。

 

まずソルジャーで戦うときの立ち位置で一番意識したいのが、高い場所がある場合はそこを取って上から撃つということです。

ただ高い場所があるからといって、味方との距離が離れすぎた場所にいても意味がないのでそこは臨機応変に動きましょう。

例えば味方のいる位置だと高いところを取っても交戦に参加出来ない、というときは味方の近くで、かつ味方のタンク陣より少し後ろから撃てるように位置取りをします。

また味方が前にいるけれど、すぐ戻ってくるのがわかっている場合は、後方の高いところにいてもいいと思います。味方が戻ってきて尚且つ敵が来るまではすることがないですが、そこは我慢して待ちます。

前で撃っても少ししたら移動しなければいけないので、それが面倒でよくここで待機しています。

前にいると相手が来た時偶然ダメージが重なって死ぬことも多々あるから、という理由もあります。

ぎりぎりまで撃ちたい!という方用

 

ヘリックスロケット+ジャンプで登れるような高い場所を取るのもよいアイデアです。階段等ないところだと普通のヒーローでは来れないので強いです。

ペイロードの上でヘリックスロケット+ジャンプで乗れます。

このまま横の通路みたいなところを進んで撃ってもなかなか強いです。ただ落ちないように気をつけましょう(笑)。

 

交戦が始まってからの動きは、相手が何人こちらに飛んでくる可能性があるのか、自分の体力はどれくらい残ってるのか、スキルは残ってるいるのか等を考慮して決めます。

例えばこちらの体力が半分で相手の体力マックスのゲンジがこちらに来ようとしている場合はすぐ逃げます。こちらが体力マックスでバイオテックフィールドがあれば戦います。

相手がウィンストン一人の場合は、飛ぶ前に体力を半分近く削れたらそのまま戦います。それが難しい時はウィンストンの攻撃が入らない位置まで着地する前に逃げてそこから撃ちましょう。

複数で飛んでこようとしている場合は相手が飛ぶ前に逃げると良いと思います。スキルで届く範囲までは歩いて来るのでその範囲に来る前に逃げましょう。

相手が上に来れるようなスキルを持っていないヒーローの場合は上から撃ちます。ただ絶対に上に来ないというわけではないので階段を登ってないか等相手の動きに気をつけてプレイしましょう。

こういった階段から回ってくる可能性もあるので要注意です。

 

相手の人数が減ってきた時、上から撃てない時は降りて撃ったりもします。

この動きは、降りてすぐ相手を倒さないと味方が死んでこっちの状況が不利になるかもしれない…と思った時に使います。このときに先に死んだ相手がリスポーンして戻ってきている可能性もあるのでそろそろ戻ってきてるかも?ということを考えながら戦います。

 

上に通路がある場合は同じ場所から撃つのではなく移動して違う角度から撃ってみるのも良いかもしれません。

最も強いアプローチは相手の真上から撃つことです。ラインハルトがいても関係なくなるのでマジで強いです!

移動出来るところではガンガン動いて相手の見ている方向とは違う方向からどんどん相手にダメージを与えていくといいと思います。

上の画像のようにどんどん移動していくと相手の真上になり、かなり有利に上から撃てます。

 

負けるな…と思った時は早めに下がるほうが良いです。

ただし、ギリギリまでいても確実に逃げられる場合は、最後まで撃ってultをためたりしてもいいかもしれません。ultがすでにたまっている時は無駄に撃っても相手サポートのウルトをためさせるだけなのでやはり下がったほうが良いですが。

次に戦うときも、出来れば上から撃ちたいので味方のリスポーンの時間と位置を確認し、「次はここから撃てるかな?」ということを考えながら位置取りをして待機します。

上を取らないという選択をした場合は思いっきり下がって味方の近くに行きましょう。相手の構成がダイブ構成で、倒したあとにガンガン前に来て、残ってる敵を殲滅するタイプのときは、位置取りもせず味方のリスポーン付近まで逃げた方が良いです。

 

だいたいこの動きを繰り返している感じです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

RELATED POST

関連記事

2011年のEVO優勝者ふ~ど選手に迫る!“今”だからこそしたい一人旅やダイエットに励む理由は?

黒豆のFIFA通信~FIFAとは

eスポーツタイトル「Hearthstone」新拡張「凍てつく玉座の騎士団」は日本時間8月11日にリリース

TGS2017レポート~3対3でクリスタルを奪い合うボンバーマンはなんだかとっても楽しそう!~

株式会社LibalentとプロeスポーツチームUnsold Stuff Gamingがエージェンシーパートナー契約締結を発表

eスポーツイベント賽 [sai] 3種目目が大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U(3on3)に決定

プロeスポーツチーム「Creatives」がLoctekとスポンサード契約締結を発表

「GALLERIA GAMEMASTER」がプロeスポーツチーム「野良連合」とサポート契約を締結。記念コラボ企画も実施。

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

RECOMMEND

おすすめ記事

MASTERCUP.9開催直前!たぬかなによる大会出場チーム紹介!

NEW

CYCLOPSインタビュー(たぬかな選手/黒豆選手/nazomen監督)―鉄拳、FIFA、StarCraftってどんなゲーム?―(前編)

NEW

唯一の女性所属チーム『iFTY』がSQUAD優勝!『PUBG ASIA INVITATIONAL G-STAR 2017 Day3 SQUAD』優勝チームインタビュー

NEW

日本の「LJL」から韓国2部リーグへ…元RPGおよびDFM出身Dragonコーチインタビュー

NEW

ビットキャッシュ1万円分を手にするのはどちらのチーム?!CYCLOPS athlete gamingを応援してRazer製ゲーミングキーボードなどの豪華賞品をゲットしよう!

SHIBUYA GAMEでは、一緒にeスポーツシーンを盛り上げてくれる仲間を募集します!

USG Enty選手の韓国LoLプロチームAfreeca Freecsゲーミングハウス訪問記&トライアウト配信レポート

韓国留学中のUSG Enty選手に直撃インタビュー、海外生活や語学学習そしてeスポーツ事情を語る

おすすめ記事一覧を見る

WRITTEN BY

オーバーウォッチチーム

View Profile

CYCLOPS OSAKA所属のオーバーウォッチチーム。メンバーはBep / Hexbel l/ Leiden / Ryoya / Sa1int / tbnPeltor / YATIAYASEの7名。

ライター一覧を見る

eスポーツタイトル「Shadowverse」新たな最上位ランクとして3ヶ月ごとにリセットされるGrand Masterが追加、実装は7月1日

前の記事

【追記あり!】ギターフリークスを始めたきっかけ

次の記事

RANKING

人気の記事

結婚すると優勝出来る!? 格闘ゲーマーの結婚と強さの関係に迫る!どぐら × ハイタニ 対談

USG Enty選手インタビュー、韓国語とLoLを学ぶため3か月の韓国留学へ出発!

最強ザトー使い小川選手に訊く!『闘神祭2017』直前インタビュー。強キャラ・プレイヤーランキングも!

女性プロプレイヤーたぬかなの『鉄拳7』初心者講座~おすすめ練習方法~

鉄拳プレイヤー たぬかな 話題のアケコン「Razer Panthera」をレビュー

10・22『闘神祭2017 鉄拳7FR』ハイレベルな予選を通過した全15本戦出場チームの戦力情報を紹介!『Twitch JAPAN』で完全生中継!