世界有数!フランスにてeスポーツ選手に関する法律が可決

近年ではeスポーツがプロフェッショナルな競技としての認知がされ始めてきました。しかし選手を保護するための法的な規律はほとんど確立されていません。その先駆けとしてフランス政府が行動を起こしました。

引用元:pixabay

スポーツ選手は労働法が適用されない?

私たちの日常は法律によって基準が定められています。会社に就職し、労働を行い、賃金が支払われる、これらは労働基準法や労働契約法などで守られています。しかしスポーツ選手はこれらの労働法が適用されるのでしょうか?

日本のプロ野球を対象に見てみましょう。労働基準法の定義で労働者とは、雇い主に使用される代わりに賃金を支払われる者、と労働基準法9条で定められています。野球選手は年俸制です。たとえ試合が延長したとしても残業代など、特別手当は支払われません。よって野球選手は労働者ではなく、「個人事業主」という定義になります。労働契約法でも労働者の定義は変わらず、野球選手に法律が適応されることはありません。これはeスポーツのプロ選手も同様です。

引用元:pixabay

 

選手を守るスポーツ法

前述の通り、野球やeスポーツの選手は労働基準法、労働契約法が適用されません。そんな選手たちの契約や契約内容を守るためにスポーツ法が存在します。主に弁護士がスポーツ選手のサポートを行います。しかし自身の国、または他国でプロとなる選手は増加傾向にあり、選手たちをサポートする弁護士は限られています。そこでフランスでは、eスポーツ選手の契約に対する法律が定められました。

引用元:Yahoo!esports

 

eスポーツ選手の契約に関するフランスの法律

2017年5月にフランスが打ち出した法律は、世界でもまだ数が少ない、eスポーツ選手の契約に関する基準を定める法律です。法律の主な内容は、1)eスポーツ選手の契約は最低でも1年、最長で5年の期間を基準とする。(ルール違反による出場停止、控え選手の場合以外)。2)12歳以下の選手は公式戦への出場は認められない。これらの法律はフランス国内でのみ、有効となります。

eスポーツやeスポーツ選手に関する法律は韓国でも定められています。アメリカでは、プロ選手としてビザを取得できますが、国による法律で選手たちは守られていません。他の国でもeスポーツが競技として認知され、選手が安心してプレイに専念できるよう、法律のバックアップが構築されることを願います。

 

 

参考サイト:

https://avance-media.com/kigyo/52388003/

http://www.fushimisogo.jp/sports/wisdom/

http://www.mtbook.com/sphere/entertainment.html

https://esports.yahoo.com/france-passes-law-regulating-esport-players-contracts-174856385.html

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る