圧倒的な「人間性能」の高さを誇るGO1が行う“EVO準備”

毎年7月にラスベガスで開催されるアメリカ最大級の格闘ゲーム大会、「Evolution Championship Series(以下「EVO」)」。高額賞金や、1万人を超える参加者数というスケールの大きさから、毎年世界中のプレイヤーがアメリカに集結する。

SHIBUYA GAMEでは、今回EVOに初参戦する女性プロゲーマーはつめ(@hatsumememe)が先輩ゲーマー達のもとを訪れ、「EVO」の楽しみ方や心得等を学ぶ様子をお伝えします。

前編に引き続き、第三弾としてGO1選手(@GO13151)へのインタビュー(後編)をお届けします。

プレイしたいゲーム

はつめ:GO1さんは色んなゲームをされますが、今後新しいタイトルだとか、3Dのゲームとかこれやりたい!というものはありますか?

GO1:う~ん。3Dは正直がっつりやりこむっていう予定はなくて、もうすぐマーベルとドラゴンボールが出るじゃないですか。どっちかって言ったらストリートファイターよりそっちの方が得意なタイトルかなと。飛び回るゲームの方が好きなんで。なので、その2つはかなりやりこみたいと思っていますし、eスポーツとして流行るんじゃないかと思っています。

はつめ:ドラゴンボール、ほとんどわからないんですよ。やってはみたいんですけどストーリーとかが分かった方が面白いんだろうなって。

GO1:あれ漫画が全部で40巻くらいあるんですけど、読もうと思ったら1日で読めると思いますよ。めっちゃおもしろいですよ。僕たぶん100回くらい読んでる(笑)。幼稚園のときの写真見たらほとんど「カメハメハ」してるくらい。

はつめ:それかわいいですね。私は漫画とかあまり読まない上に格ゲー勢と世代が違ったりするので、そうなんですか~っていうくらいしかできないんです。ちなみに私がすきな漫画は「ひらめきはつめちゃん」です(笑)。

GO1:あ、名前の由来になった漫画ですよね。記事読みました。

はつめ:いや、ハコっていうキャラがほんとにかわいいんですよ。なんか私、顔が見えないキャラが好きで、ストVも最初バルログ使ってて。ギルティギアちょっと触った時もファウストにしました。たぶん鉄拳触るなら、キングか吉光使うと思います(笑)。

GO1:じゃあ、ドラゴンボールだったらグレートサイヤマンですね(笑)。あとは孫悟飯とか。

はつめ:ちょっと調べてみますね。

ラスベガスの楽しみ

はつめ:EVOでラスベガスに行かれますが、楽しみにしてることってありますか?

GO1:カジノが楽しみです! EVOで負けてしまったら24時間カジノに居たいくらい(笑)。

はつめ:ふ~どさんもカジノって言ってました。

GO1:カジノっておもしろくて、眠くならないんですよ。高濃度酸素が出ているらしくて。あそこにおると絶対眠くならなくなってしまうから身体が危険やと思ったら部屋に戻った方がいいっていうくらい、眠くならないようになっているって聞きました。実際、前に行ったとき「さっきまでめっちゃ眠かったんやけど」って思うことがありました。本当ならカジノに入り浸りたいんですけど、EVOは負けたくないんで、人のカジノをみて雰囲気を味わいたいです。

はつめ:去年か一昨年くらいに、石井プロ(@ISIII_PRO)がツイッターで1,000ドル近く負けたことをツイートしているのをみてかわいそうだなって言ってました。ふ~どさんも負けたって言ってましたしね。私はいけないので部屋で遊びます。

GO1:誰かが部屋を貸し切ってて、集まって対戦会してたりしてるんで、色々やることがあると思いますよ。

はつめ:楽しみです。でもカジノ人気ですね。

GO1:やっぱりラスベガスに行ったらやってみたくなりますよね。

はつめ:GO1さんは普段、ギャンブルはするんですか?パチンコとか。

GO1:プロになる前は行ってましたね。最近は全然行かないですけど。もしパチンコスロットの営業とか来たら喜んでやりますよ(笑)。

EVOに向けた準備

はつめ:EVOってすごい人数が出るじゃないですか。特にストVは今年は2,000人くらいですかね? 普通の大会より誰と当たるかもわからないし、当たった人がどんな人かもわからない特殊なトーナメントだと思うんですが、EVOに向けてなにか準備していることはありますか?

GO1:これはね、神頼みです(笑)。

はつめ:GO1さんをもってしてもですか?

GO1:勝率が90%とかあっても、優勝する確率って1%とかそんなもんだと思うんですよ。なので神頼みです(笑)。くじ運悪かったらプール落ちとかもすると思うんで。全然ポイントを持ってない人もEVOに来るじゃないですか。ポイント持ってる人はプールを分けられるんですけど、ポイントを持っていないかなり強い人がちょこちょこ入ってくるので、そこをどう振り分けてもらえるか神頼みして…って感じです。なので、僕とどぐらさんは、EVO行く前にお参り行こうって言ってます。「せんよりはマシやろ」って感じで。あとは普段通りしっかりやれるよう練習するだけですね。

GO1にとってのEVOとは


はつめ:最後の質問になりますが、GO1さんにとってEVOってどんな大会ですか?

GO1:自分が格闘ゲームやり始めたときに、本気でやりこもうって思ったのは闘劇がきっかけなんですよ。闘劇で一度優勝して、そのあと初めて海外勢の人に2015年のEVOに呼んでもらえて、ストIVの決勝大会を観たんです。そのときに「あの場に立ちたい」って思ってたんですよね。だから、僕にとってのEVOは「プロになりたいという気持ちにさせてくれた大会」ですね。僕の人生を変えた大会といいますか。まだストリートファイターをやっていなかったときに見た景色が本当に夢のようだったので。

はつめのまとめ

はつめ:GO1さんは関西にいらっしゃるので、なかなかお話しする機会がなかったのですが…複数タイトルやっている方ってすごく興味があったので、今回お話しが聞けてよかったです。

KEYWORD

キーワードから関連記事を探す

WRITTEN BY

シブゲー編集部

プロフィールを見る

シブヤの片隅からゲームのことを。シブヤの片隅から、ニュースやキーマンへのインタビュー、イベントレポートを中心に、ディープでエッジの効いたeスポーツ関連情報を発信します。

RANKING

人気の記事

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

GAMES

注目ゲームから探す

ドラゴンクエストライバルズ

PUBG

Shadowverse

スプラトゥーン2

League of Legends

ストリートファイターⅤ

Hearthstone

Overwatch

PICKUP POSTS

編集部のおすすめ記事

TREND KEYWORD

注目キーワードから探す

LATEST

新着記事

NEW
NEW
NEW
NEW
NEW
すべての記事を見る