1億3000万人のためのeスポーツ入門 執筆陣8人にインタビュー

1億3000万人のためのeスポーツ入門 執筆陣8人にインタビュー

『1億3000万人のためのeスポーツ入門』書評 Jini

実のところ、僕はeスポーツと云う言葉が濫用されることに、非常な危機感を募らせていた。
それは、eスポーツという言葉の定義が広すぎるからではない、eスポーツという概念があまりにも多くのステークホルダーを包摂するがために、言葉を使う程にむしろ話者の間で距離感が生まれてしまうからだ。

結果として、コアな「内側」の人たちはeスポーツと云う言葉を、仲間と共に牛肉のハラミやカルビを鉄網で炙る様子をSNSにアップロードするためのミームとして用い、逆にお茶の間にいる「外側」の人たちは「こんなものはスポーツではない」と、毎日液晶に映し出されるワイドショーを通して、良識的な市民を演じている。

だから、僕は但木一真さんと昨年のいつだったか話した時、この危機感を彼と共有した。彼もeスポーツという言葉へ一家言持っていた。けど今年の4月、その彼から『1億3000万人のためのeスポーツ入門』なんて、あまりにも外連味のないタイトルの本を出版すると聞いた時、僕は手ひどく裏切られたような気分だった。

けれど、「eスポーツ入門」を最後まで読んでその失望は完全な杞憂だとわかった。但木さんは、いや但木さんが集めた8人の執筆者は間違いなくこのeスポーツという巨大な放牧地で羊飼いになることを本気で目指し、行動しているのだ。
『1億3000万人のためのeスポーツ入門』はそうした羊飼いたちの戦記である。彼らは50階立ての高層ビルに居座ってルーチンワークに従事することなく、また無頼者を気取って小さなムラに収まっているわけではない。

彼らはその「あいだ」で、eスポーツを「両面」へ展開する闘いを続けている。その辛苦と、愉快がたっぷりと塗りたくられたこの『1億3000万人のためのeスポーツ入門』は、外側内側どちらの人間が読んでもきっと何かを得ることができるはずだ。

1億3000万人のためのeスポーツ入門

1億3000万人のためのeスポーツ入門

1,728円(税込)

Amazonで「1億3000万人のためのeスポーツ入門」を購入する

#6 Nishitani Ulara

#6 Nishitani Ulara

#7 Ozawa Shuto & Araki Ryosuke

#7 Ozawa Shuto & Araki Ryosuke

プレゼントキャンペーン詳細

フォロー&RTキャンペーン サイン入り書籍プレゼント!

6月3日の発売を記念して、編著者 但木一真氏の直筆サイン入り書籍『1億3000万人のためのeスポーツ入門』を抽選で3名様にプレゼントいたします!

キャンペーンは終了しました

賞品・当選者数

編著者 但木一真氏 直筆サイン入り書籍『1億3000万人のためのeスポーツ入門』・3名様

応募方法

STEP1:「SHIBUYA GAME(@SHIBUGAME)」のTwitterアカウントをフォロー
STEP2:こちらのキャンペーンツイートをリツイート

キャンペーン期間

2019年5月29日(水)~ 6月5日(水)16:59まで

抽選・発表

厳正なる抽選の上、SHIBUYA GAME公式Twitterにて当選者を発表いたします。
当選された方には、6月中旬頃までにTwitterのダイレクトメッセージにてご連絡させていただきます。

注意事項

※Twitterにて @SHIBUGAME のフォローが必要です。解除されている場合は、当選無効とさせていただきます。
※ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
※ご案内する期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとさせていただきます